東京で薄毛治療するなら

 

『東京の薄毛治療・AGA治療専門サイト』AGAクリニックの選び方

 

薄毛や抜け毛の原因にもなるAGAは、ミノキシジルなどの治療薬の開発により飛躍的に進歩しています。薬以外にも発毛や育毛をサポートする成分を直接頭皮に注入する手法もあります。これらの薬や手法の進歩により、薄毛治療を専門に行なっているAGAクリニックで薄毛の治療を行なうことも多くなっています。

 

薄毛専門のAGAクリニックは数多くありますが、保険が適応されないため自由診療で、費用は病院により様々であったり、治療内容も病院によって異なります。またAGAの進行度合いは個人差があるため、各自の症状に合わせる必要があり、最適な治療は人により異なります。そのため治療は高額になり時間も治療に費やすためAGAをクリニックで治療する際には、クリニックを選ぶところから検討する必要があるのです。

 

クリニックや病院を選ぶ際に確認することは、症状に合わせたオーダーメイドの治療が受けられること、無料カウンセリングがあるなど必要な料金がリーズナブルであること、症例写真、患者の感想や口コミ、運営年数や治療を受けた人数など治療の実績が豊富であることなどです。

 

東京でAGA治療をするなら銀クリAGAです。東京のみにある病院で、発毛や育毛をサポートする成分を直接頭皮に注入する育毛治療が2万円以下ととてもリーズナブルです。また、患者が安心して治療を受けることができる環境を整えて、治療前に行なわれるカウンセリングは、患者が治療に対する不安を解消できるまで治療内容な必要な費用などを明確に説明し、治療での副作用なども教えてくれます。診療室は防音で、相談した内容が外部に漏れることはありません。

 

各自の進行度合いに合わせて薬を調合するオリジナル治療薬は3?5万円かかりますが、銀クリでは、オリジナル治療薬は18900円で受けることができ、少ない負担で薄毛治療が可能になります。薬剤を直接頭皮に注入する育毛治療では針を使用しますが、銀クリでは注射器ではなく、エレクトロポーションという手法で薬剤を注入するため、針を頭皮に刺すのは不安という場合でも安心です。

 

横浜のAGA治療について

 

東京にはAGAの治療ができる病院が沢山あります。

 

『東京の薄毛治療・AGA治療専門サイト』AGAクリニックの選び方

 

それほどAGAによる薄毛がメジャーなものになっており薄毛に悩む方が多いことを示しています。治療を受け易い環境が整備されているのは薄毛に悩む方からすれば良いことですが、ただ病院選びをきちんと行うようにしないと思うような治療を受けられませんので注意した方が良いでしょう。

 

病院選びで失敗しない為には専門で治療を行っているところを選ぶことが大切です。

 

専門病院が良い理由としてまず治療内容が豊富なところが挙げられます。一般病院でも治療を受けられるところもあるのですが、多くの場合はAGAに効く飲み薬だけの処方です。飲み薬も有効性がありますし軽度の場合ですとそれだけでも十分なこともあります。しかしながら飲み薬は髪の毛を生やす為のものではなく、脱毛を抑制する働きしかありません。つまり抜け毛は減っても薄毛は食い止められないこともあります。

 

AGA治療を専門にしている病院なら飲み薬だけでなく塗り薬や抗炎症剤なども提供してくれますのでより効果的な治療を受けることができます。また、先端のメソセラピー治療なども提供してもらうことができますので、一般の治療では回復ができない時でも別の対策法で回復を目指すことができるのです。

 

専門ならではの豊富な知識と経験による治療を受けられるのも専門病院の魅力と言えます。AGAは人それぞれによって症状に程度の差がありますし、また薄毛を促進する原因はAGA以外にもあります。つまり個々で症状には相違点もありますのでそれぞれに適した治療をしなければいけません。実績のある専門病院ですと、過去の症例と照らし合わせながら最も最適な治療法やアドバイスを提供してくれますのでより濃密な治療を受けられるはずです。

 

治療を受ける時は費用に関しても比較してみることを忘れてはいけません。基本的に治療は長期化しますので負担が少ないことも大切です。しかし病院によって価格設定には違いが見られることが多くあります。負担が大きく利用し難いところですと通い難くなる原因にもなりますので、治療費用が明朗かつ利用し易いところを選ぶのも病院選びのポイントと言えます。

AGAの治療方法

 

『東京の薄毛治療・AGA治療専門サイト』AGAクリニックの選び方

 

AGA(男性型脱毛症)の基本治療は、内服および外用薬を使う方法です。処方薬に選ばれるのはフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルで、この2種類が代表的な薬です。

 

プロペシアは内服薬で、1日1回決まった時間に飲みます。AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されるのを妨げることで、脱毛を抑えて頭髪の現状維持を行います。

 

ミノキシジルは2種類のタイプがあって、塗る外用薬タイプと、錠剤を飲む内服薬タイプがあります。もともとは血管拡張剤として使われていた薬で、AGA治療では毛母細胞を活性化させる薬として使われています。血管拡張により、髪の成長に関わる毛乳頭に栄養や成長因子を届けやすくして、発毛サイクルに働きかけることで発毛を促します。

 

プロペシアは現状維持目的で使い、ミノキシジルは発毛促進目的で使います。

 

内服、外用薬だけで効果が出ない場合には、育毛セラピー療法またはHARG(ハーグ)療法を行います。発毛を促す成長因子(グロースファクター)などを、頭皮に直接注入する発毛促進治療のことです。施術方法は各クリニックによって異なります。注射器を使ったニードル以外に、ローラー、レーザー、ノーニードル、などの方法があります。

 

薄毛部分にミノキシジルなどの発毛効果のある薬や、各クリニックによって配合された成長分子やアミノ酸、ビタミンなどを含む栄養を注入します。

 

すでに毛母細胞が死んでしまい、HARG療法や薬での治療が無理な場合には、最終手段として自毛植毛があります。外科的な治療方法で、自分の後頭部や側頭部の毛を毛根ごと採取して、薄毛が進行している部位に植え込む治療方法です。後頭部や側頭部の毛は脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくいため、AGAになっても最後まで残りやすいです。また、その部位の毛を毛根ごと移植すると採取した部位の性質を引き継ぐので、一生自分の毛として使えるようになります。

薄毛治療の費用について

 

『東京の薄毛治療・AGA治療専門サイト』AGAクリニックの選び方

 

AGA治療は近年話題になることも増えてきた薄毛治療のことを意味しています。若い男性に多く、20代30代の頃から抜け毛が多くなり、若くして薄毛になってしまうと言う症状に悩む人は少なくありませんでした。これまではそのような症状に対して、抜け毛を予防したり発毛促進したりする対症療法を行うのが一般的でしたが、ついに薄毛の原因の1つである男性型脱毛症の仕組みが解明され、問題の原因から治療することができるようになりました。このような根本的な解決につなげる治療のことをAGA治療と呼んでいます。

 

AGA治療はプロペシアと呼ばれる飲み薬を中心に治療を行う仕組みになっています。プロペシアはドラッグストアなどでは買うことができず、AGA治療を行っている専門の医療機関の医師の診察を受けて処方してもらう仕組みになっています。そのため、AGA治療を受けたいと考える場合には医療機関に相談しなければなりません。この治療には健康保険が適用されないため、比較的高額な治療費が必要になります。相場としては1万円から3万円程度の価格帯であることが多いようです。治療費については事前にしっかり確認しておく必要があります。

 

1万円で受けられるAGA治療は、医師の診察と薬物療法だけでやることが多いです。飲み薬を出してもらえればそれで良いと言う人にとっては1番良い選択肢だと思います。しかし飲み薬だけではなく、髪の毛が生えやすくなるような環境作りやカウンセリングなどのアドバイスをしてもらいたいと考えている場合には、様々なサービスを提供している医療機関を選択する必要があります。その場合には月額3万円程度の治療費になる場合もあります。AGA治療は継続的に服薬する必要があるため、継続的に支払える治療費の範囲内で考える必要があります。健康保険が適用されない治療であるため、どの医療機関でどのような治療を受けるかによって治療費が決まる仕組みになっています。

AGA治療のプロセス

 

『東京の薄毛治療・AGA治療専門サイト』AGAクリニックの選び方

 

AGAとは男性型脱毛症を指します。このような男性の薄毛や抜け毛を扱うのがAGA治療です。AGAはテストステロンという男性ホルモンのほか、遺伝、生活習慣、加齢やストレスが関わっています。

 

AGA治療のプロセスには処方薬による治療と、発毛を促す治療があります。

 

個別の生活習慣などを聞き、個人に合った内服薬や外用薬を使います。治療を始める前には個人の状態を把握するためにカウンセリングを行うのが普通です。効果的なAGA治療を見極めるために血液検査を行い、副作用の可能性などを事前に確認します。その語、頭部の写真をよりどのように発毛をするのが効果的かを診断します。専門医による診察、また身体の健康状態も同時に診察します。それに従って症状に応じて単剤を処方したり、ジェネリック医薬品を使用したり、発毛の治療を行ったりします。

 

AGA治療で主に使われる内服薬にフィナステリドとミノキシジルがあります。フィナステリドは内服薬で毛乳頭細胞や毛母細胞に入り脱毛の原因になる男性ホルモンを抑制します。これにより、脱毛が次第に減るという仕組みです。治療のためには継続的な服用が必要です。フィナステリドを服用することで発毛サイクルを正常にしていきます。その段階で休止時期の毛髪が抜けてしまうのですが、のちに産毛となり発毛サイクルを繰り返すことで太い毛と成長していきます。

 

ミノキシジルは外用薬です。もともとは血圧を下げる薬として利用されていましたが、頭皮の血流を促す効果が認められたことでAGA治療にも使われるようになりました。毛母細胞をミノキシジルで活性化し、同時にストレスや食生活の改善も同時にアドバイスを行います。また、脱毛を促してしまう食生活を改善するために足りないビタミンやミネラルも同時に処方されることもあります。
今後の薄毛を防ぐために睡眠不足といったストレスや喫煙、過度な飲酒を改善するアドバイスなど、発毛した後にもケアを行います。